BLOG

モノダム吉原さんとi,D石川さんにご来社いただいました!

こんばんは。
気づいたらあっという間に12月です。

今週は水曜日に、
WEBデザインのコーダーさんとしてお世話になっている、モノダムの吉原さんと、
茨城町のデザイン事務所i,Dの石川さんが来社してくださいました!

一番右が吉原さん、右から二番目が石川さん。

吉原さんは、弊社がデザインしたWEBのデザインを、
実際にみなさんがインターネットで閲覧できるように仕上げてくださいます。

ぼくらのひよこプロジェクトとちぎ仕事学常陸国総社宮などをはじめ、
WEBのお仕事はほとんど吉原さんがコーディングを担当してくださっています。

今回は、弊社が製作した画像の状態のWEBのイメージを見ながら、
どのような動きをさせるのか、パソコンで見た時とスマートフォンで見た時の違いをどうするか、
などの打ち合わせをしていました。

例えばマウスをのせると色が変わるようにする場合は、
どのくらいのスピード感で色が変わるのか、どんな動きで変わるのか、何色に変わるのか、などを
参考のwebを見ていただいたりしながら伝えていきます。

さらに、同じwebサイトでも、
横長の画面のパソコンと・縦長のスマートフォン、
すべて画面のサイズや比率が違うので、
それぞれの画面で見やすいレイアウトに変更しています。
パソコンで見るwebのデザインを制作して終わりではなく、
その印象を損なわずにスマートフォンのサイズにリサイズしていく作業も吉原さんと協力して進めています。

わたしたちは、webの表面のデザインだけで、
動きの作り方は分からないので、
実際にできること・できないことを教えていただきながら進めています。

吉原さんとは二週間に一回、skypeでのミーティングをしていますが、
直接会ってお話しをするのはお互いにイメージが共有しやすいそうです。

現在もいくつかWEBデザインの案件が進行中です!
もうすぐ公開になるサイトもあるので、完成次第お知らせいたします。

 

i,Dの石川さんは、最近手がけたお仕事を持ってきてくださいました。

こちらの写真に写っている鳥の絵も石川さんご自身で描かれたそうです。

 

同じ茨城で、同じ職種というと、なんとなくお互いの手の内を明かさないような印象があるかもしれませんが、
どういう意図でデザインしたのか、
どうしてこの紙を選んだのか、
撮影場所(ロケハン)はどうやって探しているのか、
どこで印刷したのか、などなど、
デザインができるまでの背景をお互いに話しました。

わたしは新卒で入社して、TRUNKの仕事のやり方が基準になっているので、
ほかの会社の仕事の進め方やデザインが生まれるまでの背景を聞くことができるのが新鮮でした。

メールや電話だけではなくて、直接会うことは大切だなと思った水曜日でした。

それでは、今週はこの辺で。
くろさわでした。

【おまけ】
昨日は石川さんに移転祝いで頂いた、ジュースの飲み比べをしました。

ごちそうさまでした!