BLOG

最近公開になったお仕事をご紹介します!

こんばんは!

今日は年賀状のデザインをしていました。とうとうこんな時期ですね。
今年のTRUNKの年賀状にはWEBでもおなじみのあの方が登場です。

本日のブログは、最近納品となった仕事をいくつかご紹介します!
近々弊社のwebにもアップする予定ですのでぜひご覧ください。

まずは、2018年につくばにオープン予定のパン屋、その名も「ぷーぱん」さん。
ロゴマークとwebサイトのデザインを承りました。

ぷーぱんのロゴのモチーフは「パンダの後ろ姿」。
よくみると「ぷ」という文字に見えてきませんか?

パン屋さんの「パン」と、クライアントの木下さんご夫婦の、地域の子どもたちにも愛されるパン屋さんになりたいという願いから、可愛らしくキャッチーなパンダをモチーフにしています。

後ろを向いていることで、なにか楽しいことを考えているのかな?向こう側でなにか作っているのかな?どんな顔なのかな?と想像が膨らみますね。
主役は、奥様のつくるパンとお店にやってくるお客様なので、キャラクターは控えめに、という意図のもと後ろ姿になっています。

そんなぷーぱんさん、ひょんなことからオープンの予定がしばらくストップ!になってしまったのです。

木下さんご夫婦は、そんなピンチもチャンスに、新しくオープンできるその日まで
日本のパン屋さんを訪ねる旅に出るそうです。

これまでの経緯や今後の旅の様子がwebにアップされる予定ですので、
みなさんぜひチェックしてみてください。

 

つづいては、こちらもぷーぱんさんと同じつくばにある美容室「Natalie(ナタリー)」のロゴリニューアルです。
お店のリニューアルに合わせて、ロゴマークもリニューアルしました。

新しいナタリーは、確かな技術でお客さまの要望にも応えていくプロの集団、美容師として純粋に勝負していく「潔さ」を込めて、力強く、無駄なく、シンプルな文字に。
お客さまのあらゆる要望に応える受け皿であることの象徴として、文字の下には一本線が入っています。
数字は、新しくオープンするナタリーの場所を緯度、経度になっており、この座標は、地球上のたったひとつの点を示しています。
ほかのどこでもない、「つくばのこの場所から、美容業界を変える。」というこころざしをそのまま表現しています。

ニューオープンは来年2月28日です。
わたしも、いつもお世話になっているのでナタリーの新店舗に髪を切りに行くのが楽しみです。

 

つづいては、アルフレックス東京にて、
益子と栃木の作家をシリーズで紹介するVOICE展の第2段、
阿部慎太朗さんの展示「invitation」のイヤープレートのギフトBOXとDMを制作しました。

 

BOXは阿部さんの器の模様を活版の空押しで表現しています。

MADE BY KASAMA / SCINCE 2013 と「100年後も残るもの」という意味のメッセージが入っています。

DMは、阿部さんの新作の器の模様を、グレーのボード紙に白箔で印刷しています。

印刷の過程で、白箔が上手く乗らないという予期せぬハプニングがありましたが、
デザインを急遽変更して、繊細な模様がきれいに印刷できました。
(印刷の面積や線と線との距離、厚のかけ具合によって、箔は印刷の出来が左右されるそうです)

阿部さんの展示は無事11月21日に終了し、
VOICE展第3段は、先日お知らせした船串篤司さんとKeicondoさんの「Terra」展になります。
こちらの詳細はひとつ前のブログをご覧ください!

次回は、今年一年で制作したロゴマークなどを総まとめにしてご紹介する予定です!
それでは今週はこの辺で。
くろさわでした。