WORKS

常陸國總社宮 紙垂(しで)風 由緒書(神社案内リーフレット)デザイン

見たことないくらいありがたさを醸すリーフレット

webサイトやお祭りの冊子のデザインをさせていただいている常陸國總社宮さまの由緒書(神社にいらした方に渡すご案内)をデザインしました。
撮影のために總社宮、禰宜の石崎さまに特別出演していただきました。

 

 

展開時レイアウト 表面

 

展開時レイアウト 中面

 

 

 

 

 

【ミッション】
・神社のパンフレットとして、神社の存在を知らせるツールとして、読んだ方が行ってみたくなるものに。
・お祭りが有名な神社だが、それ以外の魅力も伝えたい。
・厳かな感じ、情緒的な感じが伝わるように。

・せっかく作るのだから、これまでにないもの。話題性のあるものを作りたい。

【ご提案した解決策】
しめ縄から垂らして使う垂紙(しで)の形状をそのままパンフレットにするアイデアをご提案。
折られた垂紙を展開(開く)していくと、掲載されている様々な情報が見られるというアイデア。

一見複雑な形状の垂紙(しで)ですが、意外に単純な構造で印刷再現も容易であり、

神社らしさ、ありがたい感じを強く醸しており、話題性は十分。
紅白の配色でおめでたさも醸し、配布しているなら必ず欲しくなるアイテムとなりました。