WORKS

トランクの実績紹介ジャーナル「TRUNKO」Vol.01

2018年7月から2019年6月までのデザインワークからセレクトした、TRUNKの仕事をまとめたジャーナル「TRUNKO」vol.01

この度TRUNK初の広告媒体を作成しました。
タイトルは「トランコ:TRUNKO」。
2018年7月から2019年6月までのデザインワークからセレクトした、TRUNKの仕事をまとめたジャーナル「TRUNKO」vol.01。

「トランコ:TRUNKO」とはエスペラント語で「幹(TRUNK)」の意味。
(エスペラント語とは母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする、
国際補助語としては最も世界的に認知され普及の成果を収めた人工言語。 〈ウィキペディアより〉)
言語を超えたコミュニケーションツールとして機能するデザインを目指すという目標をタイトルに込めています。

クライアントの広告は作成すれど、自社の広告ツールはほとんど作ってこなかったという反省から、
どのような媒体をつくって、どこに、どのように配布すれば広告の効果が生まれるのかという検証も含めて、
クライアント数の分母を増やすことを目標に作成した媒体です。
1号だけで成果が出るとは考えておらず、数年かけて定着させていく計画のもと1年に1回の発行サイクルで続けていきます。

 

 

クライアント|自社媒体
クリエイティブディレクション|笹目亮太郎
アートディレクション・デザイン|岡部和弘
右腕|助川智美