WORKS

茨城県陶芸美術館 企画展図録「笠間陶芸大賞展」

これまでの公募展になかった「生活の器」にもスポットをあてた画期的な公募展の図録

笠間陶芸大賞展は、茨城県陶芸美術館が主催となり開催した公募展です。
陶芸美術館で行われた受賞作品展の図録のデザインをしました。
ページ構成の検討や撮影のディレクションでも携わり、作品写真だけなく審査風景をふんだんに取り入れることで、審査員のわけへだてなく作品へ向かうまなざしを表現。
「伝統も、オブジェも、食器も、みなアート。」のメッセージにに込められた
開催側の情熱が伝わるようデザインしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライアント|笠間陶芸美術館
クリエイティブディレクション|笹目亮太郎
アートディレクション|岡部和弘
デザイン|笹目亮太郎 ・岡部和弘
右腕|助川智美
 撮影|矢野津々美